ブライダルエステの行き帰りはすっぴん?メイクはどうすればいい?

MENU

ブライダルエステの行き帰りはすっぴん?メイクはどうすればいい?

一生に一度の晴れ舞台である結婚式の日を、最高に美しい状態で迎える為に通うのがブライダルエステです。
当然、初めてエステを受けるという人も多いですから、分からないことばかりで、様々な不安があるという人もいるでしょう。

 

よくある疑問の一つが、ブライダルエステでフェイシャルケアを受ける場合にサロンに行く時にすっぴんで行かなければいけないのか、そして、施術を受けて後、帰りのメイクはどうすればいいのか、といった疑問です。
(この点は、普通のエステと同じですので、ブライダルエステ特有の疑問というわけではありません。ブライダルエステは、これまでエステに行ったことがないけど、ブライダルエステは受けるという人が多いので、そういう意味ではブライダルエステによくある疑問と言えるでしょう。)
他人にすっぴんを見られるのは恥ずかしいから(あるいは、エステサロンの行きかえりで知り合いに会うかもしれないから、)エステの行き帰りがすっぴんだったら嫌だという女性は多いでしょう。

 

結論から言うと、ブライダルエステを受ける時に、すっぴんで行く必要はなく、帰りもメイクをして帰ることができます。

 

その理由については、まず、ほとんどのサロンでは、フェイシャルエステはクレンジングから施術を開始します。
仮にすっぴんで行ったとしても、クレンジングから始まるのですが、これはお肌の汚れを落とすためです。
(プロによるクレンジングですので、自宅でのケアでは落とすのが難しい汚れまで取る事が出来ます。)

 

ですので、フェイシャルの施術を受ける日でも、化粧をしてサロンに行っても問題ありません。
ただし、落としやすいメイクにしておいた方が良いでしょう。
ウォータープルーフのマスカラやアイラインなどをしていると、メイクを落とすのに時間がかかってしまう場合があります。
できれば、ベースメイクのみにとどめて、ポイントメイクはできるだけ薄くしておくと、簡単に化粧が落とせて施術がスムーズに進みます。
(せっかくのエステで、化粧を落とすのに多くの時間を使ってしまうのは、もったいないですからね。)

 

施術が終わった後、すっぴんで帰りたくないという人は、メイクをして帰ることができます。
大体のサロンでは、メイク用のスペースが設けられているので、ゆっくりと帰り支度をすることができます。

 

ただし、メイク道具までは置いていないサロンが多いので、自分のメイク道具を持って行くようにした方がいいでしょう。

 

結論をまとめますと、ブライダルエステの行き帰りはメイクをしてもしなくてもOKです。

 

ただし、すっぴんでサロンの行き返りをするという方でも、紫外線対策だけはした方がいいでしょう。

 

 

埼玉県のブライダルエステ人気のお試しランキング