ブライダルエステは妊娠してても受けられる?〜マタニティブライダルエステについて〜

MENU

ブライダルエステは妊娠してても受けられる?〜マタニティブライダルエステについて〜

ブライダルエステというのは、結婚式を控えた花嫁のためのエステのことであり、最高の状態で結婚式を迎えたいという人におすすめです。
通常のエステと異なる点は、結婚式までのスケジュールに合わせて施術を行っていく事と、ウエディングドレス姿で目立つ部分のケアを集中的に行うことです。
フェイシャルや、ウェディングドレスから露出する事が多いデコルテ、二の腕、背中などのケアが中心であり、現在ではさまざまな人が利用しています。

 

最近では、妊娠してから結婚をする人が増えており、妊娠中に結婚式をするという人も増えています。
妊娠中は心身ともに余裕が無く、なかなか肌や体のケアができないという人もいるでしょう。
さらに妊娠中は、身体的にも精神的にも状態が不安定になりがちです。
ですから、結婚式という女性にとって一番美しくありたい日なのに、妊娠中だとそれが難しくなってくるのです。

 

しかしブライダルエステの中には、妊娠中でも受けられるものがあります。
それは、マタニティブライダルエステと呼ばれているものです。
(マタニティーとは、妊婦、妊娠期間などという意味です。ですので、マタニティーブライダルエステは、妊婦向けのブライダルエステ、妊娠期間でも受けられるブライダルエステというような意味になります。)

 

ですが、妊娠中にエステを受けると、赤ちゃんに影響が出ないのか心配になってしまう人もいるでしょう。
しかし、マタニティブライダルエステは、妊娠している人のためのエステですから、母体や胎児に悪影響が無い施術内容となっていますので、妊婦でも安心して受けられるようになっています。
その内容の一例を挙げると、オールハンドで行われるマッサージで、むくみやリンパの流れなどを改善することができます。
人の手で行われる優しい施術なら赤ちゃんへの影響はありませんし、ゆったりとリラックスできるでしょう。

 

基本的に、超音波を使った痩身マシンやリフトアップを目的とした超音波を使ったフェイシャルのケア、お肌に栄養を導入するマシンなど、機械を使った施術は赤ちゃんへの影響を考慮して、受ける事が出来ません。
また、強い力で脂肪を揉み解すようなスリミングマッサージも良くはないので、受けられない事が多いです。

 

ですので、マタニティブライダルエステの施術内容は、保湿やクレンジングなどのお肌のケアや、ソフトなマッサージが施術の中心になります。
(その他、ブライダルシェービングも受けられます。)

 

全てのサロンで、マタニティコースが用意されているわけではありませんが、いわゆる「授かり婚」が大きな割合を占める現在では、マタニティコースがあるサロンも少なくはありません。
(厚生労働省の平成22年度の統計で、全体の25.3%が授かり婚であるというデータがあります。)

 

ですので、マタニティコースがあるサロンを探すのはさほど難しくありませんので、妊婦の方がブライダルエステを受ける場合には、マタニティブライダルエステのコースがあるサロンにするのがいいでしょう。
マタニティコースのあるエステサロンであれば、妊婦に対する施術や接客の経験がありますので、妊婦に対する理解も配慮もあるでしょう。

 

なお、妊娠中にエステを受ける場合には、かかりつけの医師に相談して、許可を取った上で受けるようにしましょう。
また、エステサロンの初回のカウンセリングの時などに、妊娠中である事を伝えておきましょう。
(母子手帳も持参しておいた方が良いでしょう。)

 

妊娠中はお肌が敏感になっていたり、また、体調や情緒が不安定になり、ストレスもたまりがちになってしまう事も多い時期です。
その上で、結婚式の準備もしなければなりませんので、さらに大変です。

 

そういった時期に、エステを受けてゆったりとリラックス・気分転換できるマタニティブライダルエステはとても貴重な時間になるでしょう。

 

 

埼玉県のブライダルエステ人気のお試しランキング